ウェディングプランナーブログ

BLOG

共有婚(シェアド婚)とは??

   

皆様こんにちは🙌

本日もご覧頂きありがとうございます♡

 

さっそく本題に入らさせて頂きます😎

今回は結婚式のトレンドについてお話していきます!

 

結婚式のトレンドは10年周期だとか、、、。

結婚式のトレンドって一体誰が作るのかというとまずは世相🤔

不景気だとか、バブルだとか。

結婚式は大きなお金が動くので当然ですよね😳

 

⭐1980年代は「派手婚」

この時代は「派手婚」時代と言われ、大型結婚式でゴンドラやスモーク、レーザー光線やキャンドルサービスなどの派手な演出で披露宴を盛り上げるスタイルが人気でした🙆🏼❤

 

⭐1990年代は「地味婚」

1990年代に入り、バブル景気が終わるとともに堅実な地味婚が流行ります。

二人だけのハネムーンを兼ねた海外ウェディングや、身内など少人数でのレストランウェディングがトレンドと言われるようになりました!!

 

⭐2000年代は「アットホーム婚」

2000年代に入ると一軒家のようなゲストハウスに接待客を呼ぶ「アットホーム婚」が人気となる😶

 

⭐2010年からは「和婚」も流行

2010年からは日本の伝統を取り入れた「和婚」が流行り始め、リメイクされた古民家を舞台にした落ち着いた結婚式は女性の晩婚化なども影響しているのか、だんだん定着していきます!

 

⭐近年人気の結婚式は「アットハート婚」

現在の2010年代は業界からの仕掛けもあり、「アットハート婚(つながり婚)」が支持されています!

2011年の東日本大震災でも人々の絆が見直されました😊

 

 

⭐最新トレンドは「共有婚(シェアド婚)」

2012年以降は「アットハート婚」の流れをくんだ「シェアド婚(共有婚)」が最新のトレンドとなっています♡

接待客も主役の二人と一体になって披露宴を楽しみ、幸せを皆様で共有していくというもの💜💛

People Launching Streamers at a Wedding Reception : ストックフォト

とても楽しそうですよね♪♪

 

シェアド婚では、披露宴を準備する段階から友人が手伝ってサプライズ映像や全員参加型ゲームで、両親や友人との絆を深め感動を共有しています♡!!

ゲストからのサプライズ演出が増加。披露宴だけでなく挙式でもゲスト全員が「参加者」として関わり、幸せを「シェア」する場面が増えてきています😍

友人が参加するのは余興のみという結婚式の姿は昔のものになリ、

新郎新婦お披露目の場から、家族や招待客に感謝を伝える場に変化していて

あと、招待客へのおもてなしの気持ちの表れから料理にもこだわる傾向が強くなっています。

これまでの披露宴は「ゲストをもてなす」という意味合いが強いものでしたが、

最近は「ゲストも一緒に楽しめる」コンセプトへと変わりつつあります😁💕

 

是非ご参考にしてみて下さい♡♡

 

 - その他


フェア

アクセス

ページトップ