ウェディングプランナーブログ

BLOG

帯祝い

   

アンシェルデマリアージュプランナーブログをご覧の皆様こんにちは\(^o^)/

今回は、帯祝いについてお話をさせて頂きますicon:face_smile

帯祝いとは、妊娠五ヶ月目の最初の戌の日に、
腹帯を巻いて妊娠を祝い、出産の無事を祈るのが帯祝いです

戌の日におこなうのは、犬は多産でしかもお産が軽いのにあやかろうというものです。
この帯を岩田帯といいますが、これは岩のようにたくましく、
元気な子供が生まれるようにとの願いからつけられたものです。icon:note
 
この儀式自体はかなり古くからあり、「古事記」の記述にも見られます。

妊娠五ヶ月目と言えば、安定期に入ってひと安心する頃だと思います
おなかのなかで元気に動く赤ちゃんの胎動を感じて、少しずつ母親になる実感や喜びを感じ取れる時期です。icon:heart

帯祝いには、ここまでくれば無事出産にこぎつけそうだという、
お祝いの意味と安産の願いの両方が込められているのです。icon:face_shy

ただ単にお祝いするだけでなく、帯を巻く事によって
おなかを温めたり、保護したり、
胎児の位置を安定させるといった
働きもありますicon:body_no1

なので、おなかの赤ちゃんが元気に、無事に生まれてくるよう
お祝いをしてみてはいかがですか?icon:face_sparkling_smile

 - その他